人気ブログランキング |

耳鳴りキーンっ!

日曜日、高橋研Bandが出演した対バンライヴを観た。

ステージ上ではしゃぐ大人が心地よい。
学園祭みたいなライヴだった。


今回、ある名曲を弾き語りではなく、バンドバージョンで唄った。

初めて聴いた。

いつもは未来と過去の中間にいる今を感じたが、
今回は応援歌のように聴こえた。

きっと届くことだろう。



夜空に輝く無数の星のように、
人の心に輝く夜も無数にある。

流れ星が行き着く場所があるように、
想いの行き着く場所もある。

「また今度会った時は 昔話はよすね」
名曲の一節。

昔話が出来る夜が、
辿り着く心の場所が、

あることを望む。
by oikaze_golden | 2009-05-26 02:04


<< メニューになくても。 戻っていくのか >>