続きの途中

タイトルだけ見て
装丁だけ見て
本を買うように

ふらっと扉を開けることがある

成功も
失敗も
数知れず


ページを進めていくように
時間を重ねていくうちに

好きになっていく空間がある

酔うことも
酔わされることも
数知れず


この人の
好きな作品ができるように
そうでない作品ができるように

良い面も見えてくるし
そうでない面も見えてくる

足が向くのも
数知れず
足が遠のくのも・・・
いや、あまりない


時が創ってくれたまんねりが
心地よいときもある


刺激が似合う空間よりも
まんねりが似合う空間も必要


タイムマシンなんて持ってない
明日のことなんてわからない


とりあえず
昨日の続きがあることを望む
[PR]
by oikaze_golden | 2010-01-26 01:07


<< お勉強 瞳の中の未来 >>